風邪にも負けない体つくりをするなら体温を上げる方法を始めよう

体温を上げるには

女の人

体が冷えると様々な不調につながりますが、それを改善するのが体を温める活動である温活です。内側からのケアと外側からのケアが、体を温めることで美容や健康など様々なメリットがあります。しかし、やりすぎは脱水症状などをつながることもあるため注意が必要です。

もっと読む

女性らしさの維持

ウーマン

女性ホルモンの減少による変化を感じたら、なるべく早く対策を行わなければなりません。食事面からアプローチする場合、バランスを損ねてはいけません。日頃の生活習慣を変えることも大事であり、睡眠の質を見直したり運動不足を解消することでも女性ホルモンを増やすことができます。

もっと読む

腰痛を解消するマットレス

睡眠

モットンは腰痛改善効果を持っている高反発マットレスのことです。老若男女に高い人気があります。半年も経過すれば腰に痛みを感じなくなります。そのメリットとしては、日本人仕様になっていることです。そのため、体重が100キロ未満の日本人であれば誰でも使用できます。

もっと読む

低体温を改善するには

ウーマン

白湯がおすすめ

最近は平熱が36度以下の低体温の人が増えてきています。平熱が低いと血流が悪くなり、免疫力が低下したり風邪をひきやすくなったりしてしまいます。体の体温が低いと健康面であまりいいことがありません。そこで、低体温を改善したいという人や低体温で悩んでいるという人に向けて、体温を上げる方法を紹介していきます。体温を上げる方法で一番ストレスなく簡単なのは、白湯を飲むことです。白湯は内臓を温めてくれるので、体温を上げることができます。朝起きた時や夜眠る前などに飲むのがおすすめです。白湯は、体温を上げるだけでなくダイエット効果やデトックス効果もあると言われているので、人気のある体温を上げる方法です。白湯を飲み始めるのにいいタイミングは、秋口から冬にかけてです。春や夏の温かい時期に白湯を飲み始めても、人によっては暑いからという理由で飲むのを止めてしまうかもしれません。ですが、秋口や冬はやはり寒いので白湯を飲む癖をつけることができます。癖がつくと白湯が美味しいと感じることもでき、春や夏になっても継続していけるでしょう。

まずは何でも少しづつ

体温を上げるには、筋肉量を増やすことも大切です。1日30分以上のウォーキングをしたり、スクワットをするなど筋肉の量を増やしたりしていきましょう。ストレッチも血の巡りが良くなり、体温を上げることができるのでおすすめです。また、凝り固まった筋肉をほぐし、身体の疲れを取る効果もあります。運動が苦手という人は、無理をせずに少しずつ始めていきましょう。ウォーキングだったら、まずは1日10分、スクワットは5回など、自分に合った運動をまずは始めることが大切です。湯船に浸かるのも体温を上げる方法の一つです。シャワーだけで済ましてしまうという人は、湯船に浸かるようにしてみるといいです。暑いのが苦手で浸かっていられないという人は、まずはぬるま湯で5分〜10分程度浸かり、浸かるのに慣れてきたら少しずつ湯船の温度を上げていきましょう。